宮沢賢治の生家は真宗か浄土真宗か 

『賢治研究』
宮沢賢治は法華経を信奉したが、作品中では法華経が注意深く秘匿されている。生前に発表された作品では『春と修羅』中の「オホーツク挽歌」に「(ナモサダルマプフンダリカサスートラ)」とあるのが直接的な表現で法華経の名が出る唯一の例だ。
真宗か浄土真宗か 真宗だと真言宗と混同されかねない。そこで真宗・浄土真宗と併記している。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookadoosamu.blog10.fc2.com/tb.php/196-f6b4c5ff