スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三「総理」で、だいじょうぶか? 二重のサプライズ 

 昨日の党首討論で野田佳彦総理が16日の衆院解散を表明。サプライズだが、質問した安倍晋三総裁までサプライズのようだったのは、二重のサプライズだ。
 野田総理が解散引き延ばしの答弁に終始するだろうと予想されたとしても、まったく解散表明の可能性がないわけではなかった。今回の党首討論は野田総理の側からもちかけたもので、これまでと違った提案があるのではないかと、まあ私でさえ思ったのである。

まして、次の総理大臣の可能性が高い安倍総裁・自民党執行部が、そのシュミレーションをまったく行っていなかったようであることに驚いた。だから「16日解散」を「16日選挙」と言い間違えるし、条件として突きつけられた衆議員定数削減の件にも即答できなかった。

16日解散の表明に「ほんとうですね」などと間の抜けた念を押すより、民主党内で猛烈な反対があり、党分裂の危機さえある。
この民主党内の猛反対を抑えられるのか。どんなに反対されても、16日解散はやるのかと決意を問うべきであった。

こんなことで、かけひきのいきかう外交をまかせられるのだろうか?
(大角修)

スポンサーサイト

コメント

お好きにどうぞ

P7K2Ax3i
もう好きにして
好きにしてください
お好きにどうぞ
http://dQM42Qfc.sukisuki.mobi/dQM42Qfc/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookadoosamu.blog10.fc2.com/tb.php/222-e60009a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。