スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日カルチャー日本仏教史講座 

4月から月1回、日曜日の「日本仏教の歴史をたどる」(全12回)が、おかげさまで受講者にも恵まれ、9月4日で1期・2期の6回を終えました。10月から3期目の3回、テーマは中世に入ります。その前に1回講座「日本中世と鎌倉新仏教」をおこないます。

現在、中世の研究は盛んで、旧来のイメージを一新するものとなっています。そのなかで「鎌倉新仏教」とは何だったのかをお話ししたいと思います。

3期目と1回講座のチラシが届きましたので、ご案内いたします。

1609朝日カルチャー中世

1609仏教3
(画像はクリックで拡大します)

「日本仏教の歴史をたどる」(全12回)
【1期 飛鳥・奈良時代】2016年4月〜6月
1 仏教伝来と聖徳太子
2 大仏建立と聖武天皇(鎮護国家とは何か)
3 古代の神と仏
【2期 平安時代】2016年7月〜9月
4 最澄と空海(山と聖域)
5 観音・不動・地蔵(民衆仏教への展開)
6 地獄と極楽(浄土信仰の広まり)
【3期 鎌倉時代】2016年10月〜12月
7 鎌倉新仏教(法然・親鸞・道元・日蓮など)
8 禅宗の興隆(栄西と臨済宗、禅僧の漢詩など)
9 中世の寺社(平家納経と厳島神社、東大寺大仏再建と鎌倉大仏など)
【4期 室町〜明治時代以降】2017年1月〜3月
10 寺社勢力と信長・秀吉
11 寺と檀家の江戸仏教
12 近代国家と仏教 大角修

小さい文字

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookadoosamu.blog10.fc2.com/tb.php/306-fbbc4f71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。