スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮澤哲夫『宮澤賢治 童話と〈挽歌〉〈疾中〉詩群への旅』 

宮沢賢治研究会の大先輩である宮澤哲夫さんから掲題の書が届いた。本書は2部に分かれる。第1部は「童話への旅」、第2部は「〈挽歌〉〈疾中〉詩群への旅」。

「旅」がテーマの作品を論じたということではない。「賢治自身の生が、限られた短い時間の〈せわしい旅〉の暗喩であり、また〈けわしい旅〉でもあった」(「アプローチの方法 まえがきにかえて」より)ということである。


「せわしい旅」というのは37歳で逝った賢治の短い生涯というより、『春と修羅』「序」にある「せはしくせはしく明滅しながら/いかにもたしかにともりつづける/因果交流電燈の/ひとつの青い照明です」という言葉を連想させる。

「けわしい旅」も賢治の実際の人生が険しかったというより、盛岡高等農林時代の短歌「険しくも刻むこゝろの峯々に」をはじめ、いろいろな作品に出る「けわしい心の峰々」を思わせる。

昨夜、帰宅して書籍封筒をみたとき、宮澤哲夫さんの著書であることはすぐにわかって期待感にわいた。まず目に飛び込んできたのは、〈疾中〉の語だ。

〈疾中〉詩篇は賢治の生涯の大きな転換期に創作された。昭和3年(1928年)32歳の夏に肺の病が悪化し、羅須地人協会の活動を断念して賢治は生家に戻った。自身の死を見つめてつくられたのが〈疾中〉詩篇である。

そのなかに「病床」という二連の短詩があり、作品集では冒頭に置かれる。

 たけにぐさに
 風が吹いてゐるといふことである

 たけにぐさの群落にも
 風が吹いてゐるといふことである


この詩は何か深いものを感じさせるが、俳句のように情景を詠んでいるだけなので、解釈のとっかかりもないところがある。それを宮澤さんはどう読み解かれるか。目次等のほか、本文からそのページのみアップさせていただく。

宮澤著00表紙画像はクリックで拡大します)
『宮澤賢治 童話と〈挽歌〉〈疾中〉詩群への旅』蒼丘書林2016.9.12


宮澤著01もくじ01 宮澤著02もくじ02
もくじ

宮澤著04病床01 宮澤著04病床02
疾中

宮澤著03あとがき01 宮澤著03あとがき02
あとがき(大角修)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookadoosamu.blog10.fc2.com/tb.php/309-ff362934

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。