宮沢賢治と新渡戸稲造シンポジウム 

明治・大正の精神[洋行の世紀から脱近代へ]

宮沢賢治と新渡戸稲造はともに没後84年。4月1日、八重洲ブックセンターにて「イーハトーブの風・トキオの風」のコンサート、シンポ、「銀河鉄道の夜」の映画会があります。プログラムはちらしのとおりです。

180401セミナーちらし

午後のシンポに出席します。冒頭、簡単な基調報告をしてほしいということで「明治・大正の精神/洋行の世紀から脱近代へ」ということでまとめてみました。

幕末から明治初期にかけて洋行した人々が近代日本のリーダーになりました。なかでも最大規模だったのが岩倉使節団(明治4年6年)。総勢107名のうちほぼ半数はそのまま欧米諸国に留まる留学生でした。
英文で「武士道」を発表した新渡戸稲造はもちろん、賢治にも幕末〜明治初期の「洋行者」は大きな影響を与えました。賢治には「科学と宗教の統合」といった課題を与えます。

以下、大きくグリップすると、以下の流れをたどることができます。

◉新渡戸稲造(文久2年/1862〜1933)…日本的倫理の発見
 『Bushido: The Soul of Japan』(アメリカで出版1900・和訳『『武士道』1908)
◉宮沢賢治(明治29/1896〜1933)
 『春と修羅』『注文の多い料理店』(1924)
◉和辻哲朗(明治22年/1889〜1960)…日本論の先駆/『古寺巡礼』(1919)、『風土』(1931)

◉第一次世界大戦(1914〜18)
 シュペングラー(1880〜1936)著『Der Untergang des Abendlandes(西洋の崩壊)』第1巻(1918/和訳『西洋の没落』1926)…脱近代意識の誕生。ただし日本では「西洋の没落」に対して「東亜の興隆」という→太平洋戦争の敗戦後、反公害運動等を契機に脱近代の文脈で賢治が読まれる。

新刊の御案内
全品法華経
3月25日発売。追って内容を紹介します。
『全品現代語訳 法華経』角川ソフィア文庫
無量義経・妙法蓮華経・観普賢経の全十巻三十二品を収めました。


天皇家の葬式表紙
『天皇家のお葬式』
アマゾンへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookadoosamu.blog10.fc2.com/tb.php/332-462686d1