スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏式の葬儀を望んだ明治の皇族 

天皇・皇族の葬儀は飛鳥・奈良の昔から仏式で行われてきたが、明治の神仏分離以後、神道式になった。

神仏分離は作家の司馬遼太郎が「明治国家初期の最大の失政」(『明治という国家』)と評しているように歴史と伝統に大きな断絶を生んだのだが、もちろん、そこにも理由があり、そこに至る経過があった。それについては近著『天皇家のお葬式』第5章「尊王の潮流 王政復古への道」で書いたので、いずれ、このブログにも載せたい。

神仏分離令は維新政府がまだ年号が慶応のうちから出した一連の布告で、神仏判然令ともいう。それによって天皇はもちろん、皇族や政府高官は神葬祭を行うことになったのだが、1000年以上も続いた仏法の供養をしないことへの不安は強かった。

明治31年、83歳で薨去した山階宮晃親王は、葬儀はすべて仏式で執り行ってほしいという遺書を遺したが、それを政府は許さず神葬祭となった。ただし、遺体は天皇の菩提寺だった京都東山の泉涌寺雲龍院の境内に埋葬された。墓所だけは生前の願いのとおりに寺院につくられたのである。
猫の兄弟と一緒に山階宮晃親王墓
寺院の山内だが、鳥居がつけられている。この界隈には皇族の墓がたくさんある。(写真はネット「猫の兄弟と一緒に」より)


その後、明治天皇の大葬も大正天皇の大葬も、その時代を映してさまざまなことが見られた。

『天皇家のお葬式』発刊のお知らせ

現在アマゾン等で予約受付中です。
天皇のお葬式2
クリックで画像拡大(大角修)

『天皇家のお葬式』発刊のお知らせ 

天皇の葬儀についての著書が講談社新書で10月に刊行予定です。

長らく更新を休みましたが、これを機に再開します。☞カテゴリー「葬儀の歴史・天皇の葬儀」へ

取りあえず版元から送られてきたプレスリリースをアップします。
追って、目次、「はじめに」等をアップします。

現在アマゾン等で予約受付中です。


天皇のお葬式2
クリックで画像拡大します。大角修
カテゴリ「葬儀の歴史・天皇の葬儀」

宮澤哲夫『宮澤賢治 童話と〈挽歌〉〈疾中〉詩群への旅』 

宮沢賢治研究会の大先輩である宮澤哲夫さんから掲題の書が届いた。本書は2部に分かれる。第1部は「童話への旅」、第2部は「〈挽歌〉〈疾中〉詩群への旅」。

「旅」がテーマの作品を論じたということではない。「賢治自身の生が、限られた短い時間の〈せわしい旅〉の暗喩であり、また〈けわしい旅〉でもあった」(「アプローチの方法 まえがきにかえて」より)ということである。


「せわしい旅」というのは37歳で逝った賢治の短い生涯というより、『春と修羅』「序」にある「せはしくせはしく明滅しながら/いかにもたしかにともりつづける/因果交流電燈の/ひとつの青い照明です」という言葉を連想させる。

「けわしい旅」も賢治の実際の人生が険しかったというより、盛岡高等農林時代の短歌「険しくも刻むこゝろの峯々に」をはじめ、いろいろな作品に出る「けわしい心の峰々」を思わせる。

昨夜、帰宅して書籍封筒をみたとき、宮澤哲夫さんの著書であることはすぐにわかって期待感にわいた。まず目に飛び込んできたのは、〈疾中〉の語だ。

〈疾中〉詩篇は賢治の生涯の大きな転換期に創作された。昭和3年(1928年)32歳の夏に肺の病が悪化し、羅須地人協会の活動を断念して賢治は生家に戻った。自身の死を見つめてつくられたのが〈疾中〉詩篇である。

そのなかに「病床」という二連の短詩があり、作品集では冒頭に置かれる。

 たけにぐさに
 風が吹いてゐるといふことである

 たけにぐさの群落にも
 風が吹いてゐるといふことである


この詩は何か深いものを感じさせるが、俳句のように情景を詠んでいるだけなので、解釈のとっかかりもないところがある。それを宮澤さんはどう読み解かれるか。目次等のほか、本文からそのページのみアップさせていただく。

宮澤著00表紙画像はクリックで拡大します)
『宮澤賢治 童話と〈挽歌〉〈疾中〉詩群への旅』蒼丘書林2016.9.12


宮澤著01もくじ01 宮澤著02もくじ02
もくじ

宮澤著04病床01 宮澤著04病床02
疾中

宮澤著03あとがき01 宮澤著03あとがき02
あとがき(大角修)

豊洲新市場の風評被害を防げるのか 

土壌中のベンゼンを土盛りして遮断するはずの豊洲新市場の主要建物の地下が空洞で、土盛りされていないことが明らかになり、都への信頼が大きく揺らいだ。このままでは福島みたいな風評被害が広がりかねない。当時の民主党政権があいまいな情報を次々に発表しては訂正等を重ねたために信頼を失い、原発から遠い会津地方を含めて福島全県の農産物が根拠のない風評被害に見舞われた。産地の涙ぐましいほどの努力にもかかわらず、今も完全にはぬぐえていない。

今朝、テレビを見ていたら、ベンゼンの有害性を説明するのに、かつてタンカーの油槽内部の清掃中に起こった作業員の死亡事故に触れていた。タンカーの油槽内部のベンゼンの濃度と土壌から大気中に蒸発する濃度は比べものになるまい。にもかかわらず、ベンゼン=死亡事故=猛毒というイメージを植え付けている。

ベンゼンは以前は家庭用にも販売されていた揮発油で、よく染み抜きに使われた。発がん性が指摘されて今は家庭用の揮発油としては売られていないが、ガソリンには含まれているようだ。長期に吸引するとガンを引き起こす危険がある有害物質だという。しかし、猛毒というわけではない。たとえ地下から魚市場の建物内に蒸発してかなりの濃度になっても、その魚を食べてガンになるほどの毒性はあるまい。ただし市場で働く人は長期に吸引することになり、危険であろう。

今回の隠蔽の裏には、都の担当部局や設計・施工者の側に、盛り土に対して「ベンゼンごときでそこまでやる必要があるのか」「何も知らない連中が〈食の安全〉をがなりたてるのには、うんざりだ」といった意識が暗黙のうちにあるのではないだろうか。設計は変更したけれど、表に出すと市民団体がうるさいし、反対運動がぶり返すから、そっとやってしまおうと思ったのだとしたら、「民には知らしむべからず」の愚民策で、情報公開の意義を知らない愚かなことだ。

生鮮食料の市場としては、ベンゼン以上に緊急の危険がある。O-157などの細菌で、食中毒や深刻な感染症を引き起こし、多数の死亡者が出る可能性がある。築地でハエが発生しないのは塩水で清掃しているからだが豊洲新市場では塩水を使えないということも聞く。そのあたりの衛生管理は、どうなっているのか。

また、海洋に漂うマイクロプラスチックス、PCB、ダイオキシン類などが市場で取引される魚介類の可食部分にどの程度含まれているのか。青果の残留農薬はどうなのか。それらの検査体制と、わかりやすく公表する仕組みはどうなっているのか。そうした衛生管理体制の全体を公表し、そのなかにベンゼンなど有害物質の検査のしくみも位置づけるべきであろう。

公衆衛生には世界に冠たる実績をもつ日本で巨費を投じて建設する新市場であるからには「〈食の安全〉を極めた世界でもっとも衛生的な市場」を目指したのではなかったのか。

このまま信頼を欠いてベンゼン問題ばかりがクローズアップされると、「豊洲市場の魚も野菜も毒だ」という風評が広がりかねない。それを防ぐには、新市場の衛生管理の全体像をわかりやすく公表し、批判を恐れず説明していくことしかあるまい。一部に隠蔽があると全体の信頼を失うのだから、たとえ不都合な事実でも公表するしか道はない。

八重洲ブックセンター・賢治トーク 

8月に宮沢賢治生誕120年、9月21日には没後83年を迎えます。花巻では恒例の賢治祭が催されますが、東京の八重洲ブックセンターでも記念の絵画展・トーク・朗読・コンサートの催し「イーハトーブの風・トキオの風」が9月20から24日の5日間おこなわれます。

24日13時から1時間ほど「空と海と」という題でお話しする予定です。

1609ブックセンター
(画像はクリックで拡大します)大角修

朝日カルチャー日本仏教史講座 

4月から月1回、日曜日の「日本仏教の歴史をたどる」(全12回)が、おかげさまで受講者にも恵まれ、9月4日で1期・2期の6回を終えました。10月から3期目の3回、テーマは中世に入ります。その前に1回講座「日本中世と鎌倉新仏教」をおこないます。

現在、中世の研究は盛んで、旧来のイメージを一新するものとなっています。そのなかで「鎌倉新仏教」とは何だったのかをお話ししたいと思います。

3期目と1回講座のチラシが届きましたので、ご案内いたします。

1609朝日カルチャー中世

1609仏教3
(画像はクリックで拡大します)

「日本仏教の歴史をたどる」(全12回)
【1期 飛鳥・奈良時代】2016年4月〜6月
1 仏教伝来と聖徳太子
2 大仏建立と聖武天皇(鎮護国家とは何か)
3 古代の神と仏
【2期 平安時代】2016年7月〜9月
4 最澄と空海(山と聖域)
5 観音・不動・地蔵(民衆仏教への展開)
6 地獄と極楽(浄土信仰の広まり)
【3期 鎌倉時代】2016年10月〜12月
7 鎌倉新仏教(法然・親鸞・道元・日蓮など)
8 禅宗の興隆(栄西と臨済宗、禅僧の漢詩など)
9 中世の寺社(平家納経と厳島神社、東大寺大仏再建と鎌倉大仏など)
【4期 室町〜明治時代以降】2017年1月〜3月
10 寺社勢力と信長・秀吉
11 寺と檀家の江戸仏教
12 近代国家と仏教 大角修

続きを読む

『写経練習帳』発刊 

般若心経の写経の本『いちばんやさしい写経練習帳』(監修・著)がエイ出版社から刊行されました。前に出した『えんぴつで書く般若心経練習帳』 (エイムック2013)が好評につき、編集部にて構成をつくりなおし、エッセー、解説等を改めたものです。

前は谷中の禅寺・全生庵に御協力いただきましたが、今度は新たに鎌倉の建長寺です。

1609写経表紙
1609写経もくじ
(大角修)

映画『シン・ゴジラ』と宮沢賢治『春と修羅』 

初の緑の日に『シン・ゴジラ』を観てきた。オープニングは東京湾に漂う無人のレジャーボート、そのキャビンのテーブルに詩集『春と修羅』が置かれている。意味ありげなシーンなので、ネットの評判にもなっているようだ。

最初のゴジラは1954年、核兵器をつくった人類の愚かさをテーマとして登場した。アメリカ映画の『GODZILLA 』はスピーディな動きで見せたが、『シン・ゴジラ』は原点に戻って核兵器が重要なテーマになっている。詩「春と修羅」の「はぎしり燃えてゆききする/おれはひとりの修羅なのだ」という怒りが、それを暗示しているのだろうか。

詩「春と修羅」では「いちめんのいちめんの諂曲(てんごく)模様」の「腐植の湿地」にも「正午の管楽よりもしげく/琥珀のかけらがそそぐ」し、「れいらうの天の海には/聖玻璃(せいはり)の風」が行き交う。

希望は失われない。
それが『シン・ゴジラ』のメッセージになっているところも『春と修羅』に通じるといえよう。

結末を言うのはまだ観ていない人には申し訳ないが、最後にゴジラは巨大な立ち姿のまま凍結して終わる。アメリカ映画なら、ちょっと目が動いたりして「悪魔は滅びす」となるのが通例だが、『シン・ゴジラ』にそれはない。

じっと動かない姿は、どこか哀れだ。それも宮沢賢治の『春と修羅』ふうなのかもしれない。

(大角修)

天皇の終活・天皇の葬儀 

昨日8月8日、天皇のお言葉があった。生前退位を望まれていることはすでに周知のことだったが、ご自身の葬儀にまで触れられたのは意外だった。

次のように語られている。
「天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます」

葬儀ではなく「喪儀」なのは、「葬」という言葉のもつ宗教性を避けられたのだろうか。「喪儀」はお別れの儀という意味合いが強いと思われる。殯も古代には天皇の遺体の前で徳を讃えて送る儀式だった。近年は葬儀をおこなわずに「偲ぶ会」を催す風潮に通じるような気がする。


ところで、天皇の葬儀についての法的な規定は、701年、大宝律令の「喪葬令」に始まる。そこには「葬埋」して陵を築くことが定められているが、持統天皇(703年崩御)を火葬の初めとして、聖武天皇は生前戒名をもち僧の読経をもって送られた。

聖武天皇・光明皇后は土葬で陵も造られたが、平安時代になると、土葬だったり火葬だったりする。陵のそばに寺を建てて供養したり、初めから寺の境内に土葬の塚を造ったり、火葬して法華堂に納骨したりした。その葬儀にあたるのは僧たちであった。

江戸時代にはもっぱら土葬になるが、天皇の葬儀・埋葬は京都の真言宗泉涌寺で行うのが常になった。

明治の神仏分離は天皇の葬儀にも及び、仏式を排して神葬祭となった。その最初は幕末の孝明天皇(1867年崩御)、本格的には英照皇太后(明治30年崩御)の大葬からである。京都東山の後月輪陵に埋葬された。

なにしろ1000年以上もおこなわれなかった皇后の神葬祭だから、たいへんなことである。明治42年に「皇室服喪令」が宮内大臣・伯爵田中光顕、内閣総理大臣・侯爵桂太郎によって布告された。その第19条に天皇・皇后の「喪ニ丁ルトキハ大葬トス」とあり、1年の服喪が規定されている。

その後の明治天皇の御大葬は、葬儀は東京の青山、埋葬が伏見の桃山でおこなわれた。そして、明治天皇后の昭憲皇太后の崩御(大正3年)ののち、明治天皇・皇后を祭神として明治神宮が創建された。

大正天皇・皇后からは武蔵陵墓地(多摩御陵)に埋葬されているが。今の天皇は数年前、葬祭も簡素を旨とし、火葬を望まれるとのべられたことがある。当面は生前退位のありかたが課題だが、いずれは「喪儀」も検討されることになるのだろう。

おりから近年は、われわれ庶民も自分の葬式や墓をどうするのかが課題になった。いわゆる終活が盛んであるが、そんな問題はかつて経験したことのないことなので、たいへん困る。死は個人のものでも、葬儀は地域のイベントで葬式組が諸事万端を遂行した。明治の旧民法あたりから親族、家のイベントになるが、喪主はボーッとしていれば、事は進んだ。

今は地域の伝統が弱まり、親族・家族も小さくなった。独りきりで親の死に直面したり、自分自身の行き先を考えねばならないようなことになってきた。

なんとかしろと言われても、わずかなきょうだいや独りでなんとかしたことなんか、おそらく人類の社会の歴史にあることではあるまい。だから、自分でなんとかしろと言われても困る。とてもきつい時勢になってしまった。


明治大葬
『明治天皇御大葬写真集』より儀仗兵が並ぶ中を桃山陵に向かう御大葬の行列大角修

参院選、投票しても無駄なのか 

昨夜、朝日TV報道ステーションを見て唖然。
18歳から選挙権が認められたけれど若年層の投票率が低い。女性キャスターが「投票に行きなさいと言われるから行く。私も義務感だけで行く」という。たぶん、自分が投票してもしなくても何も変わらないと思われているのだろう。

ゲストコメンテーターの日本史学者が、戦前は徴兵制で男子に兵役があったから選挙権は男子のみ、太平洋戦争の総力戦で女性も駆り立てられたから戦後に婦人参政権が与えられたという珍妙な自説を長々と語ったあと、初の18歳からの選挙になったけれど投票する動機が弱いから、商店街の商品券を与えるとか少し減税するとかの特典を考えないとだめだとおっしゃる。

そんな「おまけ」につられて投票されては、ますますポピュリズムが強まるだけだ。

そんなことより、参院選は3年ごとに必ずある。それに負けて内閣総辞職したり、ねじれ国会になったり、けっこう大きな変化があったことを、マスコミはきちんと報道すべきだ。1票は軽く思われても、全体としては大きな影響力を発揮してきた。

過去の参院選の結果と、それによって起こった変化、今度の参院選の結果によっては起こるであろう変化の予測を、高校生にもわかりやすく、さまざまな角度から報道するのがマスコミの使命ではないか。その情報が乏しいから「投票しても無駄」感が漂うことになる。

くだんのコメンテーターはベストセラー『武士の家計簿』の著者で、それは名著だと思うけれど、「投票したらご褒美を」みたいなバカげた提案ではなく、日本史学者として過去の歴史にかんがみ、いま、どんな変化や改善が必要なのかをコメントしてほしかったところである。

ちなみに過去の国政選挙の結果については、選挙データペース「国政.net」ttp://www.kokusei.net/senkyo/などで見ることができる。

宮沢賢治「宇宙意志」を見据えて 

古い友人の長沼士朗さんが長年の研究成果を『宮沢賢治「宇宙意志」を見据えて』をコールサック社から上梓。序と目次、私が書かせてもらった跋文をアップします。

長沼01

☞アマゾンへ
☞コールサック社



  画像はクリックで拡大します。
長沼序

目次
長沼02 長沼03 長沼04

跋文
長沼05 長沼06
(大角修)

朝日カルチャー日本仏教史開講 

4月24日から月1回、朝日カルチャーセンター新宿で日本仏教史を開講することになりました。

長らくブログの更新を休みましたが、この御案内を機に徐々に再開の予定です。

講座のテキストは『日本仏教史入門 基礎史料で読む』を用います。同書掲載の「日本書紀」等の史料に加え、朝鮮半島最古の史書「三国史記」なども取り上げる予定です。

下は朝日カルチャーのチラシです。


朝日カルチャー画像はクリックで拡大します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。